マーケットニュース

(10/13 10:06)

<NQN>◇短期9時30分 翌日物マイナス0.020〜マイナス0.010%程度 

<NQN>◇短期9時30分 翌日物マイナス0.020〜マイナス0.010%程度 
 13日朝方の短期金融市場で、無担保コール翌日物金利はマイナス0.020〜マイナス0.010%程度と前日から上昇した。「準備預金積み期間の最終日だったため、地銀を中心に注文が膨らんだ」(短資会社)という。市場では「加重平均金利は前日を上回るマイナス0.013%になる」との声が聞かれた。前日の日銀公表値(速報)はマイナス0.021%だった。
 日銀は9時20分の定例金融調節で、即日に始まるオペの通知を見送った。この結果、準備預金の残高見込みは前日の日銀見込みに比べて5兆5000億円多い329兆3000億円程度になる見込み。当座預金残高は前日の速報値に比べて6兆3000億円多い371兆1000億円程度になる見込みだ。
 東京金融取引所の円金利先物相場は下落している。中心限月である12月物は、前日の清算値から0.005低い99.930で推移している。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

情報提供:株式会社QUICK

Copyright(c) 2012 QUICK Corp. All Rights Reserved.

閉じる