マーケットニュース

(09/13 16:42)

<NQN>◇東京市場の主要指標13日 円続落、株3日続伸、 長期金利は低下 

<NQN>◇東京市場の主要指標13日 円続落、株3日続伸、 長期金利は低下 
(終値、円と国債利回りは16時現在)
▽円:54銭円安・ドル高の1ドル=110円08〜11銭
▽日経平均株価:89円20銭高の1万9865円82銭
(東証1部売買高:16億0511万株、売買代金:2兆0498億円)
▽長期国債先物12月物:4銭安の150円94銭
▽10年物国債348回債利回り(業者間):0.005%低い0.020%
▽海外円TIBOR3カ月物(全銀協公表値):横ばいの0.05600%
▽円金利先物12月物(清算値):0.005低い99.940

 円相場は続落した。前日の米株式市場でダウ工業株30種平均など主要3指数がそろって最高値を更新し、投資家のリスク選好姿勢が強まるなかで「低リスク通貨」とされる円を売ってドルを買う動きが優勢だった。
 日経平均株価は3日続伸した。前日の米株高が追い風になったほか、円安進行を受けて輸出採算の改善期待から機械や電気機器といった業種の銘柄が買われた。
 債券市場で長期金利は低下した。リスク選好姿勢が強まり、相対的に価格変動リスクが小さい国債は売りに押された。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

情報提供:株式会社QUICK

Copyright(c) 2012 QUICK Corp. All Rights Reserved.

閉じる