マーケットニュース

(09/13 11:44)

<NQN>◇短期11時30分 レポ翌日物マイナス0.090〜マイナス0.080%程度

<NQN>◇短期11時30分 レポ翌日物マイナス0.090〜マイナス0.080%程度
 13日午前の短期金融市場で、現金担保付き債券貸借(レポ)金利は前日と大きく変わらない水準で推移した。取引の中心となる債券の銘柄を指定しないゼネラル(GC)取引のうち、翌営業日に始まる翌日物(トムネ)金利はマイナス0.090〜マイナス0.080%程度と、前日の東京レポ・レート(マイナス0.087%)を挟む水準となっている。「日銀準備預金の積み期間の最終日に向けた資金調達はあまり強まらず、落ち着いた取引が続いている」(短資会社)という。
 国庫短期証券(TB)の流通市場では、業者間で目立った取引は成立していない。新発3カ月物TBはマイナス0.17%程度の利回りで売り気配が出ていたのに対し、買い気配はマイナス0.12%程度だったようだ。
 東京金融取引所の円金利先物市場は閑散としている。中心限月の12月物は午前の取引が成立しなかった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

情報提供:株式会社QUICK

Copyright(c) 2012 QUICK Corp. All Rights Reserved.

閉じる