マーケットニュース

(09/13 09:40)

<NQN>◇短期9時30分 翌日物はマイナス0.075〜マイナス0.040%程度 

<NQN>◇短期9時30分 翌日物はマイナス0.075〜マイナス0.040%程度 
 13日朝方の短期金融市場で、無担保コール翌日物金利はマイナス0.075〜マイナス0.040%程度が取引の中心になっている。日銀が前日夕に発表したマイナス0.063%(速報)とほぼ同水準だ。
 「金利水準自体は変わらないが、準備預金の積み期間の最終日である15日に向けて地方銀行の取引への参加が増えている」(短資会社)という。地銀のほか都市銀行や証券会社が資金を調達し、投資信託が資金を供給している。
 日銀は9時20分の定例金融調節で、即日に始まるオペの通知を見送った。この結果、ゆうちょ銀行を除く準備預金の残高見込みは前日の日銀見込みに比べて1兆3000億円少ない324兆7000億円程度、当座預金残高は前日の速報値に比べて300億円多い363兆9000億円程度になる見込み。
 東京金融取引所の円金利先物市場は閑散としている。中心限月である12月物は9時30分時点で取引が成立してない。前日の清算値は99.945だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

情報提供:株式会社QUICK

Copyright(c) 2012 QUICK Corp. All Rights Reserved.

閉じる