マーケットニュース

(07/14 09:34)

<NQN>◇短期9時30分 翌日物はマイナス0.050〜マイナス0.030%程度

<NQN>◇短期9時30分 翌日物はマイナス0.050〜マイナス0.030%程度
 14日朝方の短期金融市場で、無担保コール翌日物金利はマイナス0.050〜マイナス0.030%程度が取引の中心になっている。きょうは6月の準備預金積み期間の最終日のため、朝方に資金調達が集中したが、9時すぎには既に多くの金融機関が調達のめどをつけたようだ。地方銀行や信託銀行、証券会社が資金調達をする一方、引き続き信託銀行を通じた投資信託が中心となって資金を出している。前日に日銀が公表した加重平均金利はマイナス0.040%(速報)と、5月23日のマイナス0.037%(確報)以来、約2カ月ぶりの高水準となった。きょうはマイナス0.040%台前半を予想する声が聞かれた。
 日銀は9時20分の定例金融調節で、即日に始まるオペの通知を見送った。この結果、準備預金の残高見込みは前日の日銀見込みに比べて9000億円少ない319兆8000億円程度、当座預金残高は前日の速報値に比べて1兆5000億円多い359兆9200億円程度になる見込み。
 東京金融取引所の円金利先物は横ばい。中心限月の9月物は前日の清算値と同じ99.970で推移している。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

情報提供:株式会社QUICK

Copyright(c) 2012 QUICK Corp. All Rights Reserved.

閉じる