マーケットニュース

(04/21 23:12)

<NQN>◇米国株、小動きで始まる ダウ5ドル安、欧州政治リスクに警戒感

<NQN>◇米国株、小動きで始まる ダウ5ドル安、欧州政治リスクに警戒感
【NQNニューヨーク=松本清一郎】21日の米株式相場は小動きで始まった。ダウ工業株30種平均は午前9時35分現在、前日比5ドル38セント安の2万0573ドル33セントで推移している。前日に米政府高官から税制改革など経済政策に関する前向きな発言が相次ぎ、政策期待が下値を支えている。半面、週末にフランス大統領選を控え、欧州の政治リスクへの警戒感が強く上値も重い。
 ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は、前日比7.938ポイント安の5908.839で推移している。
 前日の会合でムニューシン米財務長官が年内の税制改革実施に言及するなど、目玉政策の見通しに強気の発言が政府高官から相次いだ。市場では停滞していた経済政策が推進されるとの期待が持ち直している。ただ、週末に迫った仏大統領選の行方を見極めたいとの声は多い。極右候補が勝利すればリスク回避傾向が強まる可能性があり、投資家は身動きを取りにくい。
 業種別S&P500種株価指数では「エネルギー」「一般消費財・サービス」の下げが目立つ。一方、「公益事業」「資本財・サービス」が上げている。
 好決算を発表した銘柄が買われている。2017年1〜3月期の利益が市場予想を上回り、通期の利益見通しを引き上げた機械のハネウェル・インターナショナルが上昇。20日夕に好調な1〜3月期決算と50億ドルの自社株買いを発表したクレジットカード大手ビザが過去1年間の高値を更新した。工具のスタンリー・ブラック・アンド・デッカーは市場予想を上回る通期予想を開示し、買いが先行している。
 ダウ平均の構成銘柄では航空機のボーイング、機械のユナイテッド・テクノロジーズ、保険のユナイテッドヘルス・グループが高い。
 1〜3月期決算で利益が市場予想を上回ったゼネラル・エレクトリック(GE)は小安く始まった。その後はもみ合い、小幅高に転じる場面もあった。決算で最終赤字が市場予想より拡大した玩具のマテルが10%超下げ、過去1年の安値も下回った。
 ダウ平均の構成銘柄では通信大手のベライゾン・コミュニケーションズ、IBMへの売りが続き、スポーツ用品のナイキも安い。

情報提供:株式会社QUICK

Copyright(c) 2012 QUICK Corp. All Rights Reserved.

閉じる