マーケットニュース

(04/21 13:04)

<NQN>◇東証後場寄り 高値圏で膠着 手掛かり難で上値重い

<NQN>◇東証後場寄り 高値圏で膠着 手掛かり難で上値重い
 21日後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は日中の高値圏で膠着している。前日比150円ほど高い1万8500円台後半で推移している。外国為替市場で円相場の下げが一服する中で新たな手掛かりとなる材料が乏しいため、上値は重い。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も上げ幅を保つ値動きとなっている。

 前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は約294億円成立した。

 12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆1658億円、売買高は10億7666万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1481と、前引け時点から減少した。値下がりは416、変わらずは118銘柄だった。

 東エレクといすゞが上げ幅を拡大した。デンソーやトヨタも一段高となった。日立や住友商が上昇し、菱地所や日電産が買われた。一方、富士フイルムと積ハウスが下げ幅を拡大。セブン&アイとJR西日本が下落した。楽天や富士通、キーエンスが引き続き安い。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

情報提供:株式会社QUICK

Copyright(c) 2012 QUICK Corp. All Rights Reserved.

閉じる