マーケットニュース

(04/21 10:14)

<NQN>◇外為10時 円、下げ渋る 欧州情勢警戒、対ユーロは上昇に転じる

<NQN>◇外為10時 円、下げ渋る 欧州情勢警戒、対ユーロは上昇に転じる
 21日午前の東京外国為替市場で円相場は下げ渋り。10時時点では1ドル=109円26〜29銭と前日17時時点に比べ27銭の円安・ドル高水準で推移している。米財政政策などへの期待を支えに前日の米国やきょうの日本で株式相場が上昇しており、投資家のリスク回避姿勢の後退を映した円売り・ドル買いが続いている。半面、フランス大統領選挙の第1回投票を目前に控えて欧州政治情勢の先行きを警戒した円買い・ドル売りも入っており、円の下値を支えている。
 10時前の中値決済に向けては、「ドル需要に偏りは見られない」(国内銀行)との声が聞かれた。
 円は対ユーロで上昇に転じた。10時時点では1ユーロ=117円09〜12銭と同5銭の円高・ユーロ安水準で推移している。対ドルでの円売り圧力が弱まるのに歩調を合わせ、円買い・ユーロ売りが入った。
 ユーロは対ドルで小動き。10時時点では1ユーロ=1.0715〜19ドルと同0.0033ドルのユーロ安・ドル高水準で推移している。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

情報提供:株式会社QUICK

Copyright(c) 2012 QUICK Corp. All Rights Reserved.

閉じる